tumsグループは「あんしん」と「まごころ」をスローガンに、 人にやさしい、真に頼れる医療と介護ケアを実践しています

1993(H5)年に都内江戸川区に最初のクリニックを開業して以来、一貫して、ご利用者(ご入居者)の目線に立った「やさしい医療・介護ケア」「真に必要な医療・介護ケアサービス」の提供に取り組んでまいりました。

診療所はすべて利便性の高い駅前に配置し、夜間診療や休日診療、病児保育室などをいち早く導入、新時代に必要なサービスを積極的に展開してまいりました。患者さま、ご利用者(ご入居者)を第一に、これからの医療・介護ケアの在り方を真剣に考え、それを実践してまいりました。さらに高齢者医療・介護ケア、認知症専門病院、療養病院、新型老健の開設等々、社会状況の変化と時代のニーズをしっかり受け止めながら歩み続けてまいりました。
地域の皆さまの健康と笑顔を守ることが私たちの使命と考えております。

2011(H23)年、埼玉県川口市に特別養護老人ホーム「川口さくらの杜」を開設いたしました。
ユニット型という新しい時代のコンセプトに、私たちならではのノウハウを取り入れた桐和会グループの特養です。隣接する「川口さくら病院(認知症専門病院)」と連携しながら、よりご満足いただける介護ケアの充実に努めてまいります。
社会福祉法人桐和会 さくらの杜は、「川口さくらの杜」「見沼さくらの杜」「越谷さくらの杜」「道合さくらの杜」が続いてオープンいたしました。
これからも初心を忘れることなく、皆さまの”頼れる存在”でありたいと心に決めております。
どうぞよろしくお願いいたします。

桐和会グループ 代表 社会福祉法人桐和会 理事長
岡本 和久

タムスさくらの杜新井宿は、入居者様や地域の皆様をはじめ、グループ内のすべての関わり合いを大切に歩んでいきます

はじめまして。施設長の倉林です。

福祉の業界に携わって18年になりました。私が桐和会グループに入職したのは、6年前に当時の越谷さくらの杜の施設長と出会ったことがきっかけです。それまでは地元千葉県の特別養護老人ホームで相談員をしていましたが、住み慣れた場所を離れて自分の実力がどのくらい通用するのかを試してみようと意気込み、埼玉県の越谷さくらの杜にたどり着いたことが始まりです。面接で施設長とお話をさせていただいた際の衝撃は今でも鮮明に覚えています。福祉の業界では会ったことがないような考え方をする方で、「この人と仕事をしたい!」と強く惹かれてしまいました。入職後は、副施設長と相談員を兼務しながら尊敬する施設長のもとで経験を積みました。桐和会グループは今まさに成長過程にあって、所有する福祉施設やクリニック、保育園が年々増えています。グループの成長に伴って自分も異動があり、縁あって川口さくら病院に事務次長として勤務し、その後江戸川さくらの杜の施設長になりました。そしてこの度、再び埼玉の地でタムスさくらの杜新井宿の施設長として働きます。

グループ間での連携体制は万全です。

ご年配の方が病院に入院すると長期入院になってしまうことが多いため、救急車を呼んでもなかなか受け入れてもらいにくいという現状があります。桐和会グループが運営する川口さくら病院は当施設から車で5分の場所にありますし、老年内科に力を入れている先生もいらっしゃいます。入居者様が体調不良になった際、基本的に川口さくら病院が受け入れてくれると安心していられるのは最大のメリットではないでしょうか。川口さくら病院で勤務していた当時一緒に働いていた、院長先生、看護部長、相談室長、事務長との連携もばっちりです。また、施設同士の仲間意識が強いのも桐和会グループの良いところです。私がこれまで身を置いてきた越谷さくらの杜や江戸川さくらの杜とは特に繋がりがあって、お祭りなどの大きなイベントでは協力し合う約束をしていますよ。当施設からほど近い川口さくらの杜の職員の皆様には日頃すごくお世話になっています。施設が開設したら恩返しをしたいですね。

居心地の良さを追求します。

入居者様の好きなことができる時間を大切にしていきたいです。食事に関しても、医務や栄養士と相談した上で、たまには好きなものを食べることができても良いんじゃないかなって。私たちもそうですけど、日常と違うことがあると気持ちが潤いますよね。ご年配の方々にとって、「次回のお楽しみにしましょう」は簡単な言葉ではありません。制限しすぎることなく、1日1日が充実するように可能な範囲で好きなことを楽しんでいただける環境を整えたいと思っています。タムスさくらの杜新井宿は、180床という規模の大きさと、桐和会グループで初めての従来型施設であることが特徴です。従来型は基本的に4人部屋となっており、ユニット型と比べると自分の部屋よりもフロアで過ごす時間が長くなるのではないかと予測しています。おひとりおひとりが自分の時間を有意義に過ごせるよう改善を重ねていきたいと考えています。

口先だけでない“地域連携”の実現をめざします。

特別養護老人ホームは、入居者様のご家族が面会などで足を運んでくださる以外に、近隣の方々との交流の機会がほとんどありません。例えば、介護予防のために体操教室をやるから来てくださいねとか、栄養士による栄養相談とかやりますよとか、近所のおじいさんやおばあさんがふらっと訪問してくれるとか。今は感染症の影響で難しいですが、地域の皆様が気軽に立ち寄っていただける場所でありたいです。理想は、裏のおじいちゃんが「野菜取れたから持ってきたよ」と訪ねてきてくれる関係性です。地域に根差した施設になるまでには時間がかかるものですが、数年後にはちゃんとした意味での“地域連携”を図っていきたいです。

職員の意識が施設の雰囲気をつくります。

昔から変わらず心掛けていることは、職員とこまめにコミュニケーションを取ることです。私からトップダウンで「これをやって」と指示や命令を出すことはありません。一緒に相談しながら、話をしながら、というように努めてきましたし、これからもそうするつもりです。福祉の仕事に限ったことではありませんが、施設づくりは職員同士の団結力あってなんぼです。私たち管理職がとやかく言っても、100名以上の仲間たちを動かすことはできません。全員の心を結集して進んでいかなくてはいけないと思っています。それに、入居者の皆様が施設をどう思うかは、職員次第です。職員が介護の仕事を心から楽しむことによって、居心地の良さだったり雰囲気の温かさだったりが自ずと入居者の皆様に伝わるものだと思っています。そうやって皆で良い繋がりを深めていくことが理想のかたちですね。

地域の皆様、入居を検討する皆様へのメッセージ

現在私たちは、川口さくらの杜に隣接する準備室に滞在し、4月1日の開設に向けて最終調整を進めています。数ある施設の中からタムスさくらの杜新井宿を選んでくださった皆様に、「ここに入居して良かった」と言ってもらえるような施設にします。何卒よろしくお願いいたします。

特別養護老人ホーム タムスさくらの杜新井宿 施設長
倉林 弘樹

-